香水

デートの香水はつける場所とタイミングがポイント!効果的な付け方は?

ファッションやメイクだけでなく、香水もデートで気を遣いたいアイテムの一つです。香りは目に見えないものですが、それだけに印象に残るものです。

香水を上手に使うことで二人のムードを盛り上げることができる反面、逆にドン引きされてしまうことも…

デートにつけていく香水は、つけすぎないことがポイントの一つ。ほのかな香りを長く持続させることができれば、それがベストです。 嫌みにならない香水の付け方と、デートで香りを長持ちさせるコツについてお話しします。

香水をつける場所おすすめは?

香水をつける場所に決まりはありません。でも、だいたいつける場所は限られていて、どこにつけるかで香り方が変わってきます。

耳の後ろや手首

香水をつける場所として、最も一般的な場所でしょう。香りが常に自分の周りをただよう感じになり、印象付けることができます。

ウエストや腰のまわり

やわらかな香りが長持ちする場所です。香水の香りは汗と混じると変化しやすいものですが、ウエストや腰回りなら香りの変化が少なくてすみます。

太ももやひざの裏、足首

香水は下から上に向かって香ります。太ももやひざの裏、足首に付けた香水は、歩いたり足を組んだりするたびにほのかに香ります。

デートにおすすめな香水の付け方

つけるとかえって逆効果に?

香水をつけるおすすめな場所は上にまとめた通りですが、その他の場所につけても間違いではありません。

ただし、脇の下など汗をかきやすい場所はあまりおすすめできません。香水の香りと汗が混じりあってしまうためです。

また香水は、紫外線が当たる部分にはつけないようにします。化学変化を起こし、お肌にシミが残る危険性があります。

つける量には細心の注意を

香水は身だしなみの一つとして上手に利用すれば、女性としての魅力を一層引き立ててくれるものです。でも、つけすぎには注意が必要です。

香りに慣れてくると、自分でもつけ過ぎていることに気づかなくなることもあります。

特に初めてのデートの場合、相手がどんな香りを好むのかわからないものです。香りが強くなり過ぎないようにするためには、デートの直前につけるのではなく、少し前につけるようにしてみましょう。

香水がそもそもダメなケースも…

デートでレストランに誘われているときも注意が必要です。一般的に、寿司屋や割烹料理など、日本料理の店に香水をつけていくのはマナー違反といわれています。繊細な日本料理は、料理の香りを楽しむものです。

香水は料理の香りを邪魔してしまうので、タブーなのですね。そういう場合は、下半身につける、デートの1時間以上前に付けるといった工夫をしてみてください。

まとめ

デートに付けていく香水の付け方について紹介しました。香水は使い方によって、効果的にも逆効果にもなるものです。

使い慣れていない人の場合、つけすぎる傾向があります。つける量とタイミングに注意してみてくださいね。

オススメ記事

人気記事