美白の秘訣

プロが教える美白を保つための秘訣とは?

肌が綺麗な人って色が白く、シミやくすみがないですよね。肌美人が美白を保っている秘訣とは何でしょうか?

ずばり、美白を保つための秘訣は、とにかくメラニンを発生させないことです。

日に焼けない、ビタミンを取る…などが美白に効果的とよく聞きますが、どれもメラニンを発生させないということに繋がっています。

メラニンが発生する理由

メラニンが発生するにはどういう理由があるのでしょうか?

肌の内部にあるメラノサイトを刺激すると、脳が信号を出してメラニンが発生します。

その発生したメラニンが、肌を黒くさせりシミの原因になったりします。

「紫外線を浴びるとシミになる」

「日焼けするのは紫外線をたくさん浴びたから」

こういった声はよく聞きますよね。 実は紫外線以外にも、

  • ブルーライト
  • 摩擦
  • ストレス

などの理由からメラニンが発生することがわかっています。

紫外線だけでなく、ブルーライトも原因とは驚きですよね。

とにかく肌に刺激を与えてはいけないということです。

メラニンを発生させないための対処法

紫外線対策

紫外線を浴びないために大切なのはUV対策です。夏の晴れた暑い日だけでなく、曇りの日や冬も紫外線は降り注いでいます。

日焼け止めだけでなくSPFが入ったファンデーションやリップクリームなどもありますので積極的にSPF入りのものを選びましょう。

日傘も忘れずに差すようにしましょう! 日傘で日光を肌から守ることで紫外線を防ぐことができるでしょう。

ブルーライトは近年、眼だけでなく、お肌や睡眠の質にまで悪影響を及ぼすことがわかっています。

ブルーライトを避けるには、スマートフォンの画面の保護シートをブルーライトカット仕様にするのがおすすめです。

睡眠の質が低下することによって肌荒れやニキビが起こりやすくなってしまうので気をつけましょう。

スキンケアの仕方と有効な成分

1番重要なのは、肌に摩擦を与えないことです!

美白効果のある化粧品を使っていても、肌に摩擦を与えてしまうとメラノサイトを刺激してしまう可能性があります。

肌を優しく触ることを意識しながら、以下の成分が入ったスキンケアを選んでみてください。

1.ビタミンC誘導体

よく美白を謳ったスキンケア商品で見かける有名な成分ですよね。

しかし、ビタミンC単体では不安定で肌に入る前に壊れてしまうこともあるため、誘導体にすることで安定性を高めています。

2.アルブチン

アルブチンはハイドロキノンの誘導体です。

ハイドロキノンとは、漂白作用がすごく強い成分で肌には良くないのですが、アルブチンのように誘導体にすることによって肌への刺激を軽減しています。

また、肌が乾燥していると刺激に弱くなってしまいメラニンが発生しやすくなります。

ですので普段から念入りにスキンケアをして、肌の水分量を上げてくださいね。

まとめ

美白を保つためには、とにかくメラニンを発生させないことが重要だということがわかりました。

赤ちゃんの肌が白く透明感がある理由は、先ほど挙げた刺激をまだ受けていないからなんです。

ここが肌が白く綺麗な人との共通点ということです。

日頃から、なるべく肌に刺激を与えないことを意識して美白を保っていきましょう!

オススメ記事

人気記事