その洗顔間違ってない??プロが教える肌荒れを改善するおすすめの洗顔法のポイントとは?

肌の汚れを落としてキレイにするための「洗顔」ですが、やり方を間違えると肌荒れの原因となります。

毎日している洗顔方法を少し見直すだけでも肌荒れをおこしにくくなるので、ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

洗顔とはキレイな肌を作るための一番最初にステップです。また、一番大切なスキンケアでもあります。

洗顔が正しい方法できちんと出来ていないとニキビや肌のザラつき、毛穴の開き、また、お肌のくすみなど、さまざまな肌荒れを引き起こしやすいです。

正しい洗顔方法を実行してキレイなお肌を作っていきましょう!

正しい洗顔方法

洗顔で一番のポイントは、肌に極端に摩擦を起こさないようにしてあげることが大切です。 お肌のこすりすぎに注意して、優しく丁寧にお肌を洗ってあげましょう♡

1.手を洗う

洗顔を手に出すとき、手が汚れていると、手についている雑菌が直接肌についてしまいます。 なのでキレイな手で洗顔をしましょう♡

2. ぬるま湯で顔を洗う

ご使用されている洗顔料を顔につける前にまずかるく、ぬるま湯でお顔を洗います。そうする事で、汚れが落ちやすくなり摩擦を起こしにくくなりますよ♡

ぬるま湯ってどれ位かな?と思われる方に…体温より少し低い32~34度くらいがお肌には最適です。温度が高すぎると、肌の乾燥の原因になる場合もあるので注意して下さいね。

3.洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てることで肌への摩擦も減り、汚れが落ちやすくなります。

手で泡立てるのが、上手くいかない方には、100均一等でも手に入る洗顔ネットや泡立て器を使うと簡単にキレイな泡がつくれますよ。

4.力を入れすぎないように洗顔する

一番最初は、毛穴汚れや、お肌の皮脂がの多い「Tゾーン」から洗っていきます。小鼻の周り等は特にザラつきやすいので泡がしっかりあるうちに、クルクルと指の腹を使って洗っていきます。

小鼻の周りやおでこが洗えたら、次はUゾーンと呼ばれるあごや、首下の周りを洗っていきます。

TゾーンやUゾーンの次に頬を洗っていきます。頬はTゾーンやUゾーンと比べて乾燥しやすいのでこすらず、泡で包み込むように洗っていきます。

最後に目のまわりや口まわりなどの肌の皮膚が薄い部分を洗っていきます。頬より目の周りは特に皮膚が薄く乾燥しやすいので、決してゴシゴシしないよう気をつけてあげて下さいね。

5.ぬるま湯でと洗い流す

パシャパシャをぬるま湯を浴びるよう洗っていきます。洗顔料の洗い残しが無いように、スッキリするまで洗っていきます。

特に「あご」や「こめかみ」、「髪の生え際」は泡が残りやすいので、洗い残しがないよう気を付けてくださいね♡

6.キレイなタオルで水分を取る

キレイななタオルを顔に当てて、顔の水気を取りっていきます。この時にゴシゴシされる方が多いです。

タオルは指よりも摩擦が起きるので決して強くこすらないよう気を付けましょう。

タオルを顔の上におき、あご→頬→小鼻→目の周り→おでこ と顔の下から上に向かって優しく押してあげることで、リフトアップ効果も期待できるのでぜひ実践してみて下さい。

 

また日々のスキンケアだけでなく、美肌を保つために夜寝る前のスキンケアも大事ですよね。そんな夜に必要な正しいスキンケアの方法をこちらにまとめたのでぜひご覧ください!

まとめ

今回は肌荒れをおこしにくい、正しい洗顔方法についてお伝えしました。毎日行う洗顔だからこそ丁寧に、優しくご自身のお肌をいたわってあげてくださいね。

オススメ記事

人気記事