コンシーラー

【女子必見】コンシーラーの選び際の注意すべきポイント5選を紹介!

お肌の悩みをさっと隠してくれるコンシーラーは、女性の強い味方ですよね。でも、コンシーラーって、選び方が難しいアイテムでもあります。

自分に本当に合ったものであれば、大活躍してくれるアイテムですが、選び方を誤るとぜんぜん使い物にならない場合も…

今回は、コンシーラーを選ぶときに注意すべきポイントについてまとめてみました。 なかなか、お気に入りのコンシーラーが見つからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

肌によってコンシーラーを分けよう

1.どのパーツに使うか何を使うか

コンシーラーといっても、たくさんの種類が販売されています。リキッド、クリーム、スティック、ペンシルなど、形状もさまざまですが、顔のどのパーツに使うかによって使い分けるのがおすすめです。

コンシーラーを使いたい場所が比較的広い場合は、伸びがよくて薄付きなリキッドやクリームタイプが使いやすいです。

一方、シミなどをピンポイントで隠したいときや、口角などライン使いしたいときには、ペンシルタイプやスティック型が便利です。

2.乾燥肌にはリキッドかクリーム

たとえば、ピンポイントで使いたい場合でも目元など乾燥しやすい部位には、クリームやリキッドタイプの方が向いています。

頬やあごなど、比較的乾燥に強い箇所であれば、スティックタイプの方が、カバー力が高いので効果的でしょう。

3.ニキビがあるならイエロー系ベージュ

コンシーラーの選び方で大切なのがカラー選びです。コンシーラーのカラー選びは、何を隠したいのかによって変わってきます。

赤ニキビをカバーするなら、イエロー系ベージュがおすすめです。 ニキビ跡を隠すなら、さらに濃い目のベージュを使うとしっかりカバーしやすくなります。

4.クマは種類によってカラーを選ぶ

コンシーラーはクマを隠すのにも優秀なアイテムです。目の下のクマには3つの種類があるので、コンシーラーもそれにあわせてカラーを変える必要があります。

血行不良が原因で起こる「青クマ」には、オレンジ系やピンク系のコンシーラーが向いています。

オレンジやピンクは、お肌の血色をよく見せてくれる効果があります。色素沈着が原因の「茶クマ」は、イエローかグリーンのコンシーラーを使ってみてください。くすみをおさえ、透明感のある肌色を作り出すことができます。

目の下のたるみが原因でできている「黒クマ」の場合、ベージュのコンシーラーで対応します。

黒クマは、皮膚の色というよりもたるみのために影ができている状態です。 コンシーラーで隠すと同時に、スキンケアでもしっかりケアしていきましょう。

5.シミには肌色~濃い目のベージュで

小さなシミやそばかすを隠す場合は、お肌の色に近いカラーを使います。濃いシミは、肌色よりもワントーン濃いベージュで対応しましょう。

地肌より濃い色のコンシーラーは、色ムラになりやすいです。コンシーラーの上からパウダーファンデーションでなじませるときれいに仕上がります。

まとめ

コンシーラーの選び方の注意点についてまとめてみました。コンシーラーを使っているけど、あまりちゃんとカバーできていないという人は、選び方が間違っている可能性が高いです。

今回の記事を参考に、今一度自分に合ったコンシーラーを見つけてみてくださいね。

オススメ記事

人気記事